期待の成分続々!育毛シャンプー絶賛進化中

薄毛の原因物質が判明!

毛髪の研究が進むにつれ、薄毛や発毛のメカニズムが解明されてきました。中でも薄毛の原因物質の1つが判明したのは、大きな進歩ではないでしょうか。

 

それは、男性に多い頭頂部や生え際から始まる薄毛に関係する男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストロン)です。男性には、テストステロンという男性ホルモンが睾丸から分泌されています。分泌されたテストステロンは血中に含まれ全身の細胞に行き渡ります。頭皮に運ばれたテストステロンは、5αリラクターゼという酵素と結びつき、DHTに変化します。このDHTは、毛母細胞を委縮する作用がとても強い物質です。DHTが直接毛母細胞を委縮させるのではなく、まず毛乳頭の受容体と結合してTGF-βを増やします。TGF-βは、毛母細胞に脱毛の指令を出す役割があります。

 

つまり、テストステロンが変化したDHTがTGF-βを増やし、TGF-βによって脱毛の指令が出される…という、いくつかの段階を経ているのです。男性ホルモンの分泌が多い人は薄毛になりやすいのは知られていますが、男性ホルモンそのものではなく、男性ホルモンが変化したDHTが原因で薄毛が進行する仕組みです。

 

最近注目の育毛シャンプーは、DHTの働きを阻害する成分を配合して、薄毛を防ぎます。薄毛の根本原因を解消するため、効果が大きいのではないかと期待を集めています。薄毛研究のさらなる進歩を期待しましょう。

 

関連情報